女性用パントガールの実際の育毛効果

16パントガールの効果

女性用育毛剤パントガール(Pantogar)は、女性の薄毛や抜け毛を治療し、発毛を促進する「内服薬(飲み薬)」として、世界で最初に効き目と安全性が確認された薄毛治療薬(医薬品)です。 これまで、薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品(アボルブ・ミノキシジルタブレットなど)しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、パントガールの登場により、女性も手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能となりました。

『薄毛』や『抜け毛』は男性特有の苦しさだと考えられますが、実はたくさんの女性が悩んでおり、ここ数年、薄毛で苦しんでいる女性が増える傾向にあると思われます。女性に多い薄毛の原因は、頭皮の疾患による抜け毛がほとんどです。例えば、「フケ」による悪玉菌の繁殖や、ヘアケア商品(シャンプー・トリートメント・カラーリング・パーマ)による頭皮のトラブル、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。 その中でも、老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアによる「びまん性脱毛症」や出産後の「分娩後脱毛症(産後の薄毛)」などが一般的です。パントガールには、女性の薄毛を改善するための特別な構造のアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが配合されており、毛髪の成長を刺激して薄毛を治療。髪質も改善します。

パントガールの使用方法

女性用育毛剤パントガールはカプセル状になっており、1日3カプセルを毎食後に水で飲んでください。服用すればすぐに効き目を発揮するのではなく、最低でも3ヶ月は続けることで結果が見えてきます。そこからさらに効果を持続させ薄毛を解消していく為には、半年から1年というスパンで飲み続ける必要があります。パントガールに含まれる髪や頭皮の奥の毛根に有効成分を浸透させていくことが大切だからです。実際に髪の毛は1ヶ月に約1センチ程度しか伸びません。そこでご自身が変わったなと感じるには3センチは伸びる頃、つまり3ヶ月は必要です。

パントガールを服用するときに注意したいのはお水の温度です。栄養素によっては熱に過敏なものが含まれているので、低温もしくは常温で飲むことをお勧めします。お茶やお湯などでは飲まないように気を付けてください。

パントガールの副作用

効果のある女性用育毛剤パントガールこそ副作用もあると考えてしまいがちですが、パントガールには現段階で特に注目する副作用も挙げられませんん。なぜなら、パントガールの有効成分には体に有害とされる成分が含まれていないからです。カテゴリーとしては医薬品の扱いですが、サプリメント等にも多く含まれているB1・アミノ酸・タンパク質が主成分であることから、気軽に飲むことのできる薬といえます。パントガールは、育毛効果と安全性に関して極めてバランスとれた飲む女性用育毛剤なのです。

他の治療薬をもっと了解したいなら!

レビトラというED治療薬は世界で二番目の治療薬です。レビトラは「バイアグラの欠点を改善するため製作された薬」と言われています。