ツゲインの副作用について

ツゲインは、AGA治療方法として発毛促進し、薄毛改善できる育毛剤であるロゲインのジェネリック医薬品です。これは頭皮に直接つけることで毛根の血液の流れを良くし、発毛・育毛を促進する効果が期待できます。ロゲインのジェネリック医薬品ですので、その成分や効果はロゲインと同じで安心で利用できます。主成分をミノキシジルとする、日本皮膚科学科が薄毛治療に高い効果があると認めた医薬品です。

男女どちらも利用することが出来るため、昨今では女性の薄毛にも用いられることがありす。頭皮の血行が悪いと栄養補給がスムーズに行われず、毛髪が生成しにくくなります。しかし、ミノキシジルには血管を拡張させる効果がある為、頭皮の血流が増え、頭皮の血行を促進してくれます。その結果、毛母細胞が活性化し、発毛が促されます。その有効成分はミノキシジルです。主成分の濃度によってツゲイン2%とツゲイン5%とツゲイン10%に分けられています。ツゲイン2%は女性専用で、5%と10%がおもに男性用のものです。ご自身にあったものを選ぶようにしましょう。

ツゲインは安全性の高い育毛剤で、規定内の使用であれば、ほとんど副作用は無いと言われています。現在報告した副作用として、アレルギーや頭皮のかぶれ・かゆみなどがあります。

またごく稀に、むくみやしびれ感・性欲減退・ホテリ・体重増加等の症状が報告されています。

ツゲインの使用は18歳以上の方の利用が前提となります。娠中の女性が利用する場合は、十分に気を付けて利用します。循環器に関連する副作用も報告されています。何か異変を感じた場合は、使用を中止し、医師の診察を受けてください。